想像力

愛護団体から里子として譲り受けた猫。
何匹もの猫を仕事のストレス解消目的で虐待。
動物愛護法違反で逮捕され、詐欺容疑で追送検。

そんな記事が、昨日の朝刊に掲載されていた。 


***   ***   ***


雪交じりの雨の夕方。
こんな日のココアの散歩は地下道に潜入!?
務め帰りの人たちが駅に向かう中、そんな動きに逆らってココアと地下道にいると、
年配の女性が、声かけてきた。

f0067245_10561378.jpg
地下道で用を足すココア・・・





(女性) 可愛いわねぇ、触っても大丈夫?
大丈夫ですよ。
―しゃがんで、ココアを撫でてくれる女性―
―喜ぶココア―
(女性)おとなしいわねぇ、ずいぶんなつっこいし。
犬、飼ってらっしゃるんですか?
(女性)ううん、飼ってないけど、知り合いが飼っているんで、なんか慣れてるの。(笑)
―暫く、話をしているうちに、、、―
この子は、愛護団体さんから、里子としてもらった子なんですよ、
(女性)えッ、そうなの!?やだぁ、なんか涙が出てきちゃった
愛護団体さんが救ってくれなかったら、本当にタイミングが悪かったら
今ここにいなかった子かもしれないんですよね。

(女性)ほんとう、よかったわねぇ、本当によかった
―と、言いながらその女性、目を赤くして涙、、、-


愛護団体さんから譲り受けたとの一言で
色々な思いを胸にしてくださったこの女性。
ココアを前にして、この子の命を愛おしいと感じて下さった女性。

多くの方は本当に自分の子どもだと思い大事にしているのに
一部の心無い、想像力の全くない人たちがいて
その果てに、最後まで一緒に生活を伴にせず
捨ててしまわれる命があることを私なりに知らせるために
私は、こうやってココアは一度はなくなってしまっていたかもしれない命だと
話すことがあります。
自分がもしこの子だったらとか、そんな単純な想像力をちょっとするだけで
違うのにと、、、思います。

f0067245_11104133.jpgf0067245_11115760.jpg











友達100人、
欲しいココアにポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ

にほんブログ村

by chibitatsurumi | 2012-02-19 11:13 | 日常の色々